6月になりました。
雨粒のきらめきを、まとって庭先に咲くアジサイの花。
うっとうしい、梅雨時に、情緒あふれる風景を作ってくれて、私の大好きな花のひとつです。
たくさんの種類があり、さまざまな花形、花色の物があります。
一般に出回っていることが、少ないものや、珍しい物を見つけたら、一枝、貰って増やすのが、楽しみですよ。
春から伸びた若い枝を使えば、簡単に挿し木ができます。
カッターナイフで1節か枝先15センチ程度の長さにキリ直し、すべての葉を半分ほど切り取って穂木を作ります。
そのままでは、葉からの水分蒸散が多く、しおれるので、ビニールかポリエチレンで 全体を覆って風が入らないように密閉します。
6月から、7月の枝ざしは、8月下旬か9月上旬に小鉢に鉢上げします。
鉢上げ後は、西日が当たらない日当たりで、真夏は半日陰に置きます。
水やりは、鉢植えの場合は、鉢土が乾かないうちに十分与えます。
病害虫の防除もほとんど必要なく、簡単に育てられますので、是非、挑戦してみてください。

昨日から、準備をして、今日から、我が家の店頭に、山野草が並びました。
今は、ウチョウランが色とりどり・・・
ササユリ、白糸草、吊りシノブ、カキランが今にも、開花しそうで、楽しみです。
1週間ごとに、総入れ替えをしてくれるそうで、見ているだけで、ウキウキです。
ササユリは、上品な香りです。
皆さんが、お近くなら、見に来てと言う所ですが・・・笑い。
早速、ウチョウランと、タカノハウラボシの寄せ植え2500円が、売れていきました。

好きな人は、その位でも、平気なんだなと・・・・
私なんかは、500円の中から、お買い得そうな良いのを選んでいます。アハハハハ・・・・
根っからの、貧乏症です。

今まで、知らなかった色んな花の名前が覚えられて、楽しみながらできそうです。
そのうち、自分が、庭から、持ってきて、並べて販売しそうですね。
趣味と、実益を兼ねて、いいですよね。

そうそう、孫の優菜も、4ヶ月の検診では、7キロを越えて、ぶう菜ちゃんになっています。
ほっぺは、ブルドック見たいで・・・・笑い。
母乳ばかりなのに、丸々と良く太っています。
誰に似たんだろう・・・・?
やはり、我が家だろうな?

トップへ 第7号メニューへ アウリン通信へ