あなたは大丈夫?

ある講演会で聞いたお話。

私たちは、年をとるに連れて忘れっぽくなるのはどうしてだろう。
はじめの頃は、めがねやさいふを置き忘れたり、買い物に行っても目的の品は買い忘れてしまったりして・・・・。
こんな事が、痴呆の始まりなのかな?。 そして、先日もよく知っている人の名前を思い出せなかったり、2階に何をしに行ったんだっけ?。40歳を過ぎれば珍しくないよね。食事を作る時にも、おなべなんかも焦がしたりってこと、結構あったりしてね。

「あれ、そこのあれ取って・・・。」
情けないったらありゃしない。
40歳過ぎている人、誰でもこんな経験1度や2度はあるでしょう?。
実は、このような物忘れは病気ではないんだって。
正常な老化に伴って自然に起こってきたものだそうよ。

えらい先生のお話だと、正常な物忘れの特徴は4つあるそうで、1つは、出来事の細部は忘れても、出来事そのものは決して忘れないこと。
2つ目は、必要な時に限って思い出せないこと。
3つ目は、記憶の低下を自覚し、困らないように工夫をしていること。
4つ目は、記憶や感心、判断力など、記憶の以外の能力に変化がないことだって。
どう、少しは安心できたかな?。

それに対して痴呆の場合は、物忘れの質が全く異なり、第1に、自分の経験した出来事そのものを忘れてしまう。
第2に、思い出せないのではなくて、はじめから頭に入っていないという感じになる。
第3に、自分の忘れっぽさを自覚しなくなり、記憶を補う工夫をしなくなる。
第4に、判断力や意欲、計算や時間の理解など、様々な能力も次第に低下していく。
 だから、例えば同窓会に出席していたこと自体を忘れていたり。
(私たちなら、誰が来ていたかは忘れても、同窓会に行ったことは忘れない。) メモをしなくなったり。
(私たちなら、うっかり忘れやミスを予防するために、いろいろな工夫をする。) 自分がさいふを置き忘れてしまったことを忘れて、誰かが取ったと言ったり。
(私たちなら、しまったまたどこかに置き忘れたと思い、決して人の性にはしない。)

廊下による物忘れは、年齢と共に頻繁になるんだって、でも、それは心配はいらないそうよ。
物忘れの質に変化がない限り、痴呆にはほとんどならないんだって。逆に、ほんの少しでも物忘れに変化が現れたら、痴呆の疑いはないかと用心しないといけないそうよ。

世間では、俳諧、迷子、取られたとか、なくなったという妄想、夜中に寝ないで騒ぐ、トイレ以外の場所で排泄するなど、周囲の者を困らせる症状が現れてから、痴呆になったのではないかと診断を受ける事が多いよね。
これらの問題行動は、痴呆がかなり(中途度)まで進行してから出てくる症状だそうよ。
だから、問題行動が現れる前に、異質な記憶状態に気づいた時には、念のために専門医で診察を受けた方が良いよう。
どんな病気でも、早期発見、早期治療が必要なように、痴呆もこれまた例外ではないんだってよ。気をつけなきゃ。

トップへ メニューへ