ポッケの中から

思い出

母の背中で聞いた げたの音
初めて走った あの道
誰かが落ち葉を 燃やしているにおい
ほうずき色の 夕やけ
やけつく 夏の畦道
泳ぎ渡った 川の冷たさ
ぼんやり赤い 夜店のランプ
祭りの夜の 約束
誰にもきっと 故郷はある
忘れられない 風のにおいに
誰にもきっと 故郷はある
忘れられない 思い出

 

高知県・30代女性・K-S

トップへ 第11号メニューへ アウリン通信へ