あなたは大丈夫?

今年の冬は、風邪知らず。

風邪やインフルエンザの弱点を探り、風邪のウイルスを寄せ付けない体にしよう。風邪知らずになるためには、ウイルスを寄せ付けない、やっつけるパワーをつけることが大切だそう。

風邪ひき癖がつく生活習慣、抵抗力の弱さがウイルスを寄せ付けるんだって。

風邪ウイルスを引き付ける原因は、大きく分けて二つ。
風邪は、風邪ウイルスに感染して発症するんだって。ウイルスは、あらゆる場所の空気中に浮遊し、いつでも体内への侵入の機会をうかがっているとかで、その侵入ルートは二つ。

風邪をひいた人のくしゃみや、せきからウイルスに感染する「飛沫感染」と言われるルートと、もう一つは、風邪のウいルスがついた物を触った手で、口や鼻、目を触ることで体内に侵入する「接触感染」と言われるルートがあるんだそう。

けど、ウイルスが体内に入っても、全ての人が風邪を発症するわけではなくて、侵入したウイルスは、鼻の奥からのどまで繋がる気道の表面の粘膜と線毛に付着し、ここで増殖し、やがて体内にしみ込んで行く。

こうなって、初めて寒気やだるさといった風邪の症状が現れるんだって。逆に、粘膜に付着しても、線毛と言われる粘膜内の気管の働きが強ければ、ウイルスを追い出すことができるし、また、しみ込んでも細胞内の抵抗力が強ければ、ウイルスを攻撃することができるので発症しない。

冬に、よく風邪をひくのはどうしてだろう。
風邪ウイルスの多くは、低温と乾燥が大好きで、冬場は、風邪ウイルスが勢力を強めるからだって。反対に、寒さや乾燥が苦手な線毛は、この時期が最悪。

風邪とインフルエンザ、どう違うの。
どっちも、ウイルスによる感染で、その種類と初期症状に違いがあるんだって。風邪は、のどの痛みや鼻水、せき・・・など、主に、呼吸器の症状なのに対して、インフルエンザは、発熱や関節痛・・・・といった、全身症状が特徴。

どうして、風邪をひくの。
風邪をひきやすい人の主な生活ぶりは、偏食がち栄養が偏った食事、ささっと簡単手洗い。それに、ソファーで転寝。喫煙、寝不足、ストレス過多、部屋の換気不足・・・など、生活習慣や環境も危険信号。お腹を壊しやすい、肌荒れしやすいなど、抵抗力が弱い体質も風邪を引きやすくなる原因に。

偏食が多い→成長盛りには、お肉やお魚、野菜・・・など、何でも食べさせたいものの、魚介類や野菜が少し苦手だったりして、栄養のバランスが取れていない性で、ウイルスへの抵抗力が、ちょっと弱くなる。

栄養が偏った昼食→手軽にお昼をすませようと、麺類や丼ものなど、早く食べられるものを選びがちなあなた。炭水化物に偏ったメニューのため、ウイルスと戦うための栄養が十分に取れない。

ささっと簡単手洗い→外から帰った後、一応手洗いはするものの、ささっと水で流すだけで、このままでは、手にたくさん残ったウイルスが、テーブルやおもちゃ、リモコン・・・など、あらゆる所に広がって、それが口に入ってしまうことも。

ソファーで転寝→リビングのソファーで転寝をすることがおおいあなた、エアコンの性で乾燥した空気、お布団もかけずに眠って、体が冷えるというWパンチで抵抗力がダウンし、ウイルスを引き寄せ、追い出せない原因に。

これらのことを考えて、ウイルスを追い出すパワーを身につけよう。

体の外でストップ→ウイルスの居所を突き止めて、ピンポイントで効率的に減らして行く事が大切。ウイルスは、手はもちろん、室内のあらゆる場所に潜んでいる。

粘膜でストップ→線毛の働きを高めるためには、加湿と保温がポイントで、細胞でストップする。

ウイルスに負けない抵抗力をつける→線毛パワーをかいくぐって、尚も粘膜から体内にしみ込んできたウイルスには、細胞内の抵抗力で防御。

ウイルスと戦う力を貯える→亜鉛の摂取と、ウイルスの侵入をいち早く察知する自律神経の働きを高めることで、抵抗力をアップさせる。

こんな作戦で、風邪ひきさんとはさようなら。ウイルスの居場所を確かめて、部屋や体に寄せ付けない→ウイルスは、知らない間に部屋の中に入りこみ、さらに、物に付着したウイルスは、何と2時間から3時間も生き続けるというからびっくり。手をきちんと洗わず食事をすると、わずかに生き残ったウイルスが口に入っても納得。だから、きちんとした対策が必要になるけど、難しく考える必要はなさそう。ウイルスを残さない、完璧手洗い、天日干し殺菌、エタノールふきなど、基本的な簡単なケアーをきちんと行えば、体に入る前に、ウイルスの侵入をストップすることができる。

手洗いは、接触感染を防ぐ第一歩・→正しい方法で行えば、ウィルスを洗い流すことができ、特に、ウイルスの残りがちな部分を重点的に。手洗い用の洗浄剤は、ウィルスを落としやすくし、さらに、手の除菌もできるので、ぜひ使ってみて。

手洗いが完璧でも、ここが大切→清潔なタオルで拭いて、ウイルスを寄せ付けないこと。完璧手洗い術は、3分を目安に。水気を残すと、ウイルスが付着しやすいので、最後は、清潔なタオルでしっかりと水気をふき取るように。

部屋のウィルスをシャットアウト→最も効果的な殺菌方はこれ。エタノールふき。

消毒用のエタノール→ウイルスを殺菌する効果大。付近などにエタノールを少し湿らせて、テーブルやキッチン周り、ドアノブなどの、ウイルスがつきやすい部分にお勧め。また、スプレーボトルに移し変え、直接ふきかけて、ふきんでふき取っても効果は大。揮発性が高いので、ふいた後の臭いも気にならない。消毒用エタノールは、金属を長時間浸しておくと腐食させるので、うつしかえる容器は、プラスティック性がベター。

ウイルすの侵入を完全防御できるぬれマスク→より確実にウイルスをシャットアウトするには、湿らせたガーゼを、マスクに入れたぬれマスクがお勧め。マスクの網目から侵入しようとする、ウイルスの動きを止めるので、その効果は大。ガーゼは軽く湿らせ、口元に当たるようにセットすれば効果は大。

空気中のウイルスを追い出す→スピード換気で、素早く換気を行うには、空気の入口と出口を、それぞれ2箇所空けて、スムーズに空気の流れる通り道を作るのがこつ。12畳くらいの部なら、5・6分で空気の入れ替えができる。外の風が少ない時は、窓を開けたままでエアコンをかけて、強制的に換気を行うのもOK。また、キッチンの換気扇を使えば、室内の空気の流入量が増えて、短時間換気が可能。

ウイルスが苦手な紫外線をたっぷり浴びせかける天日干し→風邪ウイルスのほとんどが、紫外線に弱く、日光に一時間も当てると死滅する。外出して、ウイルスのついたコートや、部屋のウイルスが付着しやすい、シーツや枕などの寝具類。さらに、子ども用のタオルやぬいぐるみなどを、積極的に天日干しして。これは、特に簡単なウイルス除去術なので、晴れた日にはぜひ実践を。

ここからも大切→おもちゃ箱も天日干しを。ウイルスが多くついている子どものおもちゃ、かごにまとめて入れ、かごごと天日干しをするのもお勧め。途中、おもちゃの上下を入れ替えて、満遍なく紫外線に当てれば完璧。

過湿&保温で→線毛を活発にして、体からウイルスを追い出す。線毛は、気道にじゅうたんを敷き詰めた様にはえ、常に小刻み動き、ウイルスを追い出しているけど、冬の冷たい空気は、鼻やのどの粘膜の血管を収縮させ、さらに、暖房器具を常時使うことで、室内の湿度は下がり、線毛の働きを一段と低下させる。これは、ウイルスが簡単に侵入してしまう状態なので、絶対にほおっておいてはだめ。必要なのは、保温と加湿で線毛の働きを高める対策。本来のバリア機能をよみがえらせる、線毛ケアーを始めよう。

線毛って、ウィルスから体を守ってくれる→頑張って働いてもらうには、どうすればいい。線毛は、乾燥と寒さが苦手だから、うがいで潤わせ、部屋の環境調整が大切。首周り保温などで、線毛を常にいたわって。のどの乾燥が気になったら、繊毛は弱っている→乾燥や寒さ、ストレスや疲れなどは、線毛の働きを弱める原因になり、ほおっておくと、ウイルスが粘膜に付着しやすくなって、たんやせきが出始める。さらに、細胞内に侵入して、本格的な風邪をひくことに。のどの奥が何だか乾燥していると思ったら、加湿と保温の線毛ケアーに、すぐにとりかかることが大切。

加湿と保温の習慣で、線毛の力を高めよう→帰宅時には、線毛に湿気と栄養を与え、粘膜を殺菌しながら、きれいにする。

カテキンうがい→お茶などに含まれるカテキンの入ったうがい液は、高い殺菌作用が期待できる。液の作り方は簡単で、使用後のTバックやお茶の派手、少量のお茶を出し、ぬるま湯を加える。冷たい水は、気道を収縮させるので注意。

朝起きて、すぐのうがいも効果大→起床後の後のすぐの口の中は、1日の内で一番雑菌が繁殖している時間帯。睡眠中は、唾液の分泌が抑えられるので、口腔内や線毛は、からからに乾燥してしまい、線毛に潤いを与えたり、雑菌を洗い流す意味でも、朝起き抜けのうがいは効果的。また、夜間にトイレに立ったら、うがいもぜひ行って。

カテキンは、体内でビタミンAに変化→ビタミンAは、粘膜を強化してくれる。ビタミンAには、粘膜を丈夫にする作用があり、ウイルスの排除で弱った線毛を修復してくれ、殺菌作用と共に、一石二鳥の効果。

湿度と室温調節→線毛が活発に働くためには、湿度と温度を最適の状態にキープしておくことが大切。具体的には湿度は55%、温度は20度前後で、人間が快適に過ごせる状態と同じだと考えてOK。特に、リビングは長時間過ごすスペースなので、まず、はじめに環境を整えたい場所。洗濯物の湿気や、加湿器の蒸気を上手に利用して、効果的な湿度と温度を作り出そう。

洗濯物やぬれタオルを、暖房器具のそばに→室内干しで洗濯物を干したり、ぬれたタオルをファンヒーターのそばにつるして、湿気を作りだす。暖房器具のすぐ近くに置くと、落下する危険があるので、位置を調節して風を当てるように。

バスルームの湿気を活用するのも手→入浴後に扉を半分ほど開けて、蒸気を室内に流す。部屋の窓を開けておくと、湿気の流出が進むので、より効果的に室内の湿度を上げられる。

加湿器は、部屋の中央、高いところに置くのが効果的→手早く湿度をコントロールしたい時は、何と言っても加湿器が便利。置き場所は、部屋の中央で、ある程度高さのある方がベスト。蒸気は、空気より重いので高い所から下に落とすように設置すれば、全体が潤う。最新の機種は、湿度をマイコンで調節できるので、最適湿度のキープも簡単。湿気を含んだ石油ファンヒーターがお勧め。燃焼系の暖房器具は、湿気の高い温風を出すので、室内の乾燥が進まない。ファンヒーターの温風で、ほこりのまい上げが気になる方は、石油ストーブでもOK。

トップへ メニューへ