[HOME]    [説明]
 
No. Pass
ピアニシモ
日記帳です。レスも出来ます。
日記を書いた日にはアイコンが表示されます。
アイコンをクリックすればその週or月の日記が表示されます。
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2
3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 


2020年04月の日記です




▼2020年 4月 2日 (Thu)   -- 投稿日:2020/ 4/ 2 09:46:57(木)    ... No.[1]

警察官がコロナウイルスに・・・・。
 今日は朝から良い天気になっている。
先日からわが市では、警察官が2人コロナウイルスに罹患した。噂によれば、その連れ合いたちは、市内の大きな店に努めていて、今は自宅待機をしているのではないかと思う。それにしても、これだけ近くで、しかも店に努めている同居者が罹患するなど思ってもみなかった。店は今どのような対策を取っているのだろうか。世間では、根拠もない噂話が飛び交い、どこの店もがら空きだと聞く。東京の方では今学期もまた休校が延長されるようで、子供を持つ親は大変だろうなと思う。
 今朝メール受信をしたら下のような記事があった。その記事ここから。

新型コロナウイルスの感染拡大で、視覚障害者が行うマッサージの仕事が
減っている。感染を防ぐため施術の対象となる高齢者施設などへの訪問が
休止され、マッサージ師からの感染を心配する客が利用を控えているためだ。
収入がなく、「生活できない」などと悲痛な声が上がっている。 (中村真暁)
「これからどうなるのか」。弱視や全盲などのマッサージ師二十二人を、地元の
高齢者施設七カ所に派遣しているNPO法人「アイ夢(ム)サポート」(東京
都台東区)の中村輝彦理事長(75)は、不安を口にする。 記事ここまで。
 そのようなことは考えてもいなかったが、あらゆる場面で影響が出ていることを改めて思った。知り合いがスナックをしていて、そこは役所などの団体が多い店で、先月は「さっぱり」だと話していた。この地区でも10日に予定されていた「役所関係の歓送迎会が中止になった。コロナの影響はまだまだ続くと思うので、できるだけ外出を避けなければなと思っている。



■ごんパパ今日は。

久しぶりの書き込みです。
コロナウィルスの猛威が収まりませんね。
オリンピックは中止になる気がします。


眼は順調に回復しています。
きょうは短めのコメントです。
..2020/ 4/ 2 11:10:29(木)  (2)

■あうリン ごんパパさん、こんにちは。
オリンピックのことは、まだ考えられないですね。
こちらでは「でま」が飛び回りおさまりがつかないようになっています。
目の方は順調だとのこと何よりです。
手術をしてまだ間がないですから、ご自愛ください。

..2020/ 4/ 2 13:09:12(木)  (3)

■下関の村岡範之です。
  4月になりいつもならいよいよ春と言う事でウキウキするような日々ですね。さて私は「室内換気」と言う事でよく思うのは、昔から窓を開けてと言う事ですね。
基本的に大切な事なのですがそれは「換気扇」など空調設備の無い時代の考え方ですね。私などは現在の住まいに来たのが1976年4月下旬でした。
学生の頃二十歳前後の頃から「招来ビル型建築の鉄筋方式」に住まい出来るものならと思いながら自分みたいな立場では先ず無理だろうと思ってました。
それが思いがけなく望みが適ってのここ43年来の事になりましてソノ頃商店街のバス道理ですもので2階住いと言えども窓を開けて30分も過ぎますと机の上などはざらざらと手触りのほこりまみれです。これではいけませんので掃除の時に窓を開けるくらいで一日中窓は閉じたままでしたので幸いに一つ備わっている換気扇は一日中スイッチを切る事が無いようにしましたら室内換気は十分で有る事に気付きました。
それは現在のような「灯油ファンヒーター」を用いるようになった頃、暫くすると匂いが強くなり出したのです。そこで換気扇を止め無いようにしましたところそれが求めた頃と同じく匂いがそれ程で無いようになったもので換気扇の効果を実感出来その頃よく聞いた「鉄筋コンクリート方式の住まいは体に良く無い」と言う考えは間違っていると思うようになりましてそれは現在迄30年以上健康で快適に過ごせる人生なのです。
  さてそのような思いの今年から「新型コロナウイルス」の問題で換気の為窓を開けるようにとマスコミから毎日のように専門家の肩書きを持つと言う方の話を聞きます。私は一見この事は大切なようですが窓はまして冬なら一日中開けておれるものでは無く春以後でもそれは無理です。なぜ「換気扇」の話題を出す人が無いのかなと言う事です。
窓を開けてますと風が入ると風上の窓の所にいる人がもしウイルス保菌者だったらそれより奥にいる人は窓から入った風によって運ばれたウイルスを吸い込む事になります。
そこで換気扇を天上近くに設置してますと常に室内の空気は換気扇の方向に人が感じ無い程度とは言え一日中流れている事になります。この事は微生物の菌は空気の流れに従って上に上がるので向かい合って談話している同士でもこれらの設備が無い室内よりも遥かに向かい合っている人の方に菌が進む事を防げる率が高くなると言う事になりますね。
この頃では殆どのお宅に炊事場の換気扇とトイレに換気扇が有りますのでそれを動かしているだけでも何も無いより遥かに「換気効果」が有る事になりますね。
30年前の頃このような事を説明する時あの頃はタバコを吸う人が多かったもので私の所で吐き出したタバコの煙が換気扇の方向に流れて行くのを見て貰う時納得された人が結構有ったのが懐かしい思い出です。
そのような事が今こそ大切だと言えるのが現在の「新型コロナウイルス」の問題です。直ぐに誰にでも行なえるような事から実行すると良いと言えますね。その他マスクの事もまた私が思っている事をチャンスが有れば書かせて頂きます、ご自愛頂ますように。
..2020/ 4/ 2 16:49:09(木)  (4)

■あうリン 下関市の村岡さん、いつもコメントをありがとうございます。
換気はとても大事ですが、窓を開けるというのは、私もどうかなと思っています。風上と風下では全く違いますものね。それに2メートルも離れて果たして授業ができるのだろうかとも思います。机は話したとしても、休み時間に近づいて遊んだりすれば何も効果はないですよね。
わが団地もコンクリートですが、木材の家とどちらが良いかということはあまり分かりません。この家に住むようになって40年になりますが、家の狂いもないですし、畳がぼこぼこするほどの漆器はないですね。本宅は木造ですが、地面に湿気があり、白アリが入ったりしたこともありました。この家は一度リホームして、自分でも壁などを塗り替えましたから年数の割にはきれいです。
けど耐震がないそうですから、第一団地から建て替えをしていて、数年もたたないうちに引っ越しすることになると思います。私的にはこの家で十分なんですけど、王屋さんが建て替えるというのですから、仕方がないです。


..2020/ 4/ 4 13:01:41(土)  (5)

■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    





tackynotesp Ver0.79 Tacky'sRoom