[HOME]    [説明]
 
No. Pass
ピアニシモ
日記帳です。レスも出来ます。
日記を書いた日にはアイコンが表示されます。
アイコンをクリックすればその週or月の日記が表示されます。
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4
5 6
7 8
9 10 11
12 13 14 15
16 17
18 19 20 21
22
23 24
25 26 27 28 29
30            
 


2019年06月の日記です




▼2019年 6月29日 (Sat)   -- 投稿日:2019/ 6/29 18:29:27(土)    ... No.[24]

どっちが可愛そうな人か・・・・。
 このところ何となくばたばたしてパソコンも開いていなかった。
それ程変わったことはしていないような気がするけど、やはり義母のことなどで時間が取られる。と言ってもメモ帳を開く時間はあるのだけど、妙に書く気がしなかったりもする。
 昨日喘息でかかっている病院の定期健診があり、その後行きつけの喫茶店にちらっと寄ってきた。昨日は少し雨が降っていて、喫茶店に着くとすでに義妹は来ていて歌っていた。
その義妹は運転免許を持っていなくて近くに行く時にはもっか自転車を使っている。なぜ免許を持つていないのかは聞いたりはしていないから知らない。まあ、何か理由があるのだろう。
 昨日の夕飯の時に家人が「合羽を着て来なあいかんけん可愛そうなことよね」と言ったので、「私はそうは思わんよ。反対に好きなところに自転車でもバスでも行けるのだからうらやましいぜ」と言うと、「お前は冷たい人じゃねえ」と言われてしまった。
そのように言われたので、「自転車にも乗れないで、行きたいところにも自由に行けない人が目の前にいるに、それは可愛そうなと思わないのかねえ?」と言うと、「それはまた話が別」と言って調子が悪そうだった。
 最近は特に、少し食事のしたくに手間がかかったりしていたら「何しようがぞ」ほんまにぬるいねえ」とか、「ドンくさい、ぐず、、、、」という暴言を吐くことが増えてきたように思う。
昨日も帰りにカレーを作る材料を買って来ていたので、家人が15分くらい田んぼを見に行って帰った時に「カレーはできたか」と言うので、「10分や15分でどうしてカレーが作れるか」と言うと、「そのくらいのことができんがか」と言い返してきたので、「そしたら今から15分でカレーを作って食べさしてくれや」と言うと、「俺ができるはずがないじゃいか」と言う。
とにかく、自分が考えていることをしてくれていなかったら、どうも腹が立つのだと思う。人をお手伝いさんか何かのように思っている風潮がある。まあ、自分も負けてはいないけど、もう少し目が不自由ということを考えて欲しいなと思うこともある。

 下関市の村岡さん、24日の投稿に返信をありがとうございます。
東京でのライブのやり方楽しそうですね。私も30歳になる頃までは、ライブハウスでコンサートみたいなものをやっていました。まあ、その当時のライブハウスですから今のようにきちんとしたところではありませんけど、それでもちょっとしたステージもありましたし、かなりの楽器もそろえていました。
そこはお酒も置いていましたので、飲み代は私がカウンターに入り手伝って飲み代を稼いだりもしていましたね。懐かしい思い出です。
 それから、村岡さんのHPのおしゃべり聴かせていただきました。ギターの演奏も聴かせていただきましたよ。私もギターは少し弾けますが、今は全く弾いたことがないです。
それと、エアコンの用い方とても参考になります。睡眠の時にはタイマーにして寝る人がいますが、それは質の良い睡眠は取れないですよね。締め切っていますから、止まれば当然暑くて目が覚めますものね。
これからも、電子工学的なこと、いろいろと教えてくださいね。



■下関の村岡です。
    昨日は喫茶店での一時を過ごされたとの事、私などはもう色々な楽しい所に行く事は全く無くなりました。
  さて、義妹の方は運転免許を持っておいでにならないとの事。近くに行かれる時にはもっか自転車を使っているとの事。それは大正解だと私は思います。本日もテレビ朝日の番組を聞いてましたら最近「4輪車」が普及し始めた年齢が進み車の運転免許を返納してから4輪車を用いるようになりとても便利だと言う話題でした。
  私の人生最初から障害者だったもので、このような状態でも並の男として過ごせるものならと二十歳前後の頃から憧れる様になり、色々と同じ障害者の方の話を聞けるようになった成人してからはせめて自分の人生「どうにも努力出来無い範囲」は、頼らなければならないけど自分の努力で何とかなるものならと言う事で、幸いにも「電子工学物理」に強い感心を持てて、それを人生に役立てると自信を持つようになれた二十歳代からそれらりに過ごせましたけど。
  そんな事で社会に対しては全く肩を張っての思いは無かったのですが、自分の家庭だけはと言う事で可能な限り普通の親父を演じてやらなければとの思いでこれ迄過ごして来ましたもので、現在でも家内は私が見え無い事への気遣いをし無いようにさせているので僕の方が「見え無いからこのような事になるのだ」なあぁんてさらりと何かの時には言えますものね。
  だから■アウリンさんのご主人の極自然な表現を私は「実にほほえましく素晴らしい当然の事」として書かれている事を読む事が出来ます。しかしその場での■アウリンさんの立場ではやはりそこは夫婦ですので書かれている事も私は自然のご家庭の事として読ませて頂いてますよ。
  でも途中失明されてのご努力はそれだけに私なりに感じているのです。現実は本当に厳しい事ですよね。
    さらに■アウリンさんはライブハウスでの演奏体験を持たれておいでなのですね。私のページをアクセス頂いて有り難うございます。もうそんなに変った話題も有る筈も無く似多様な事ばかり喋っての事であのような状態なのです。
  あれこれ考えてますとやはり自分も普通に眼が見えていたなら誰からもあれこれとぶつぶつ言われる事無くやりたいように生きて来られたものをと思いましてね。
  でもそれは単に頭の中で思うだけで全く悔やんでいるような事では無いのですけど、やはりそこは人間ですので夢も有ればあれこれと考えるものです。
  とにかく何事も知らないよりは知っている方がそれなりにちゃんとした心得を持てますものね。
  残された人生楽しく過ごしたいだけの事ですものね。

..2019/ 6/29 20:06:30(土)  (25)

■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    


▼2019年 6月24日 (Mon)   -- 投稿日:2019/ 6/24 10:51:40(月)    ... No.[21]

義妹の歌を聴きに行ってきた・・・。
 昨日は義妹が歌謡ショーに出るので、聴きに行ってきた。
その歌謡ショーはレッスンを受けている人たちの『おさらい会』で、年に一度行われている。自分の行っている喫茶店でも毎週火曜日にレッスンがあり、何人かが習っている。
 昨日はまあまあの客入りだったけど、音響が今一つだなと思った。一緒に聴きに行った人が母方のおばで、そのおばは視力が弱いため「前で見ようよ」と言うので、前から4番目の席だったため、かなり音がうるさく感じた。
 今会も出るのに壱万円かかる。それでもスポンサーがかなりつかないと赤字になるらしい。昨日、その教室の25周年と言う事で紅白の饅頭が配られた。
 いろいろな歌を聴く中で、「これは本当に上手だな」と思う人は数人しかいない。まあ、自分がお金を出して楽しんでいるのだから他人がどうこう言う必要はないけど、「ずれすぎだろう」という人もいたりした。
 自分は歌謡ショーを聴きに行った時には必ずICレコーダーで録音して、後でヘッドフォンできちんと聴くようにしている。昨日も興味のある人の歌を聴いてみたけど、録音されたものはやけに低音を効かせすぎていたなと思った。昨日の音響の人は案外よい機会をそろえているらしいけど、使う人の技術が少ないのか、せっかくの機械の能力が出せていないのはもったいないなと思った。
 義妹はカラオケ喫茶で歌った時には「かなり良くなったな」と思っていたけど、昨日は少し緊張していたのか早め早めに歌っていたような気がした。まあ1000人も入る会場だから緊張していた人も多いのだと思う。
それにしても月に何回も歌謡ショーがあるのに、出る人もいるものだなと思う。それだけ歌好きの人が多いのだと思う。それはそれで自分が楽しんでいることだから、とてもすばらしいことだなとも思う。


■アウリン 下関市の村岡さん、いつもピアニシモを読んでくださりありがとうございます。
21日にのコメントも重ねてありがとうございます。
そうですね、最近は飲みに行こうかという気持ちもうせていますね。第一、夜出て行こうかという気持ちがなくなりましたし、近くに行きたいようなスナックもありませんから尚更だと想います。
 奥様と一緒に出かけることはとてもすばらしいですね。私は、買い物以外家人と出かけることは、ほとんどないです。最近は家人が買い物の値段などや置き場所もだんだんと覚えてきましたので、仕事の帰りにメールして買って来てもらうことが増え、一緒に買い物に行くこと自体減って来ています。
本当に白杖で歩くのは疲れますね。私は見えなくなってからすぐに盲導犬歩行になりましたから、白杖の使い方も分かりませんし、一人で出かけてみようかという気持ちも少ないです。
近所に息子一家が住んでいますが、それも息子たちの予定もありますから、着る物でも欲しいなと思っても、なかなか行ってもらえないなと思っています。それに小さな子どもを連れていますから、思うように時間をかけて選ぶこともできませんしね。まあ今は、特別に欲しいなというものもありませんから、学校に行くか本宅に行くか、孫のところ、そして行きつけの喫茶店に行くくらいでひきこもり常態みたいなものです(笑い)。



..2019/ 6/24 11:03:56(月)  (22)

■下関の村岡です。
    歌謡ショーに行かれた話題、実に素晴らしいですね。
  音楽などの催しは本当に良いもので本来私はそのような事が好きなのです。
  ですから私が自分にしては可也贅沢とも言える「スタジオと言っている」家主さんが店をされていた場所を使わせて貰っているのです。
  小さなライブハウス的な楽器配置をしてましてね。
  2016年の6月9日の東京でのライブは、私の部屋くらいの小さな喫茶店で「ライブ喫茶」と言うやり方で、ピアノと、PA「拡声器装置」をちゃんと配置してましてお客さんは15・6人入れば満席と言うような所だったのです。
  狭い分とても楽しかったですよ。私はいつものように「ハーモニカの色々」を持って行っての、子供達をバック伴奏に私の20分くらいのトークと演奏をするのが私のやり方なのです。
    催しのPA設備のご感想を書かれてましたが私はやはりこのような話題が好きであれこれやっているもので、■アウリンさんが今回のような話題を書かれますと私の部屋で色々な音切り替えなどしながら語り合えたらどんなに素晴らしい事だろうとよく思うのです。
  私の身近にはそのような話題を楽しもうと言うような人は全くいませんし、MLなどでの障害者の世界も御存知のような雰囲気ですので全く楽しく語らえるような状態では無いですものね。
    白杖歩行は私も恐ろしくは無いですが前にも書きましたように、余計な緊張して迄たった一人での外出をしたいとは全く思え無いのです。
  夫婦二人だけですので私も二十歳前後の頃から憧れたような生活が出来たものですから今月からお互いの健康の為にと言う事で家内を頼る事にしたのでした。子育て真っ最中でまだ私の仕事だけでの生活の1990年代迄は可也私を自由に外へ出させて呉れたものですから、1991年の5月にこの世の光を全く感じる事が出来無くなったのでそれが50歳の時でした。
  そんな事ですからこれからはもう外に出無いように決心してからの現在迄の28年なのです。
  次の投稿は何か書かれた事を発見した時に書かせて頂きます、ご自愛の程。



..2019/ 6/24 16:24:05(月)  (23)

■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    


▼2019年 6月21日 (Fri)   -- 投稿日:2019/ 6/21 16:36:13(金)    ... No.[19]

やはり年かな・・・・。
 6月も下旬だというのに、まだ入梅しないのは何となく気候がおかしい。以前も入梅はなかったが梅雨が開けたという年があった。
今に始まったことではないけど、最近特にうっかり忘れが増えてきているような気がする。それと、やはり動作も鈍くなってきていると思う。
その証拠に、料理にかかる時間が長いし、洗濯を干しても若い時に比べると時間がかかるような気がする。どうこう言っても若い時の用には行かないのは分かっているけど、自分にあきれることも増えた。
 それと持久力もなくなってきているし、第一取り掛かりが悪くなってきたようにも思う。さらに追い討ちをかけるように歩くことががぜん少なくなり、運動不測になっている。時々は白杖で歩くこともあるけど、運動になるよりも反対に疲れる。
家人は「もう一度訓練に行って来い」というけど、今はまだそんな気持ちにはならないし、最近は歩いて行けるところに店もないから、以前のように盲導犬の必要性を感じなくなくなっている。買い物に行くとすれば、車で大きなスーパーまで行くし、歩いて行けるところに親しい友達もいない。



■下関の村岡です。
    数日間のご無沙汰でしたが、視覚障害者は特に私みたいなこの世の光を全く見る事が出来無い常態での単独歩行は自分の住まいの周囲を動くのさえも強い緊張のもとに動かなければなりませんものね。
  6月17日 (Mon)に書かれた内容を読みながら若い頃の事を思い出してました。
  私はこの頃もう数年間飲み屋に行く事も無くなりましたし、行ってみたいとも思わなくなりましたね。
  やはりもう、誰かと遊びに出歩くと言う事が全く無くなったからだと言えます。
  歳を重ねて自分の動作に衰えを感じると言うのは殆どの方が感じられるようですね。
  私などはせめて40年前くらいの視力で周囲を眼で確認出来ればまだそれ程の変化を感じる程では無いと思うくらいに、お蔭様で元気でいるのですけどね。
  まあ、あれこれ無い物ねだりしてもどうにもならないのでと言う思いで過ごしているのが現状なのですけど。
  最近毎日のように家内と歩くようにし始めたのですけど。
  これ迄殆ど家人に頼る事の無いようにとやれる事は努力して来ましたけど、雰囲気的な精神力も含めて可能な限り心身共に健康で有りたいと思う欲から「病院への通院の事を思えばましなので」と理屈を付けて家内の外出を利用する事にしたのでした。
  それから私がこのように書かせて頂いた事に関連しての内容を書かれる時も、日が変ればトップに書いて頂けるようなのでそのようにして下さると助かるのですが、結構日に1度はアクセスしているのですよ、これからもどうぞ宜しくお願いします。
..2019/ 6/23 16:52:35(日)  (20)

■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    


▼2019年 6月17日 (Mon)   -- 投稿日:2019/ 6/17 10:07:21(月)    ... No.[18]

久し振りに飲みに言ってきた・・・・。
 先週の土曜日には、幼なじみがスナックをやっていて「今晩は団体客もいないし予約もないから歌いにこないか」と言うので、久し振りに飲みに行っていた。わざわざ飲みに行くのはどのくらいぶりだろうか。少なくても半年は行っていない。
行きは息子に連れて行ってもらい、帰りはその店の連れ合いがタクシーの運転手をしているので連れて帰ってもらった。
その店は料金も案外安いからと言って役所などの団体客も多い。それに家族営業だから、きれいに着飾ったお姉ちゃんと言われる人もいなければ、普段はバーテンダーもいない。
 その晩はお客さんも5.6人しかいなくて、久し振りにいろいろと話もすることができた。そこの娘は自分と同じ地区に嫁いでいて、小さいときからも結婚してからもよく知っている。残念なことに娘の連れ合いは数年前に不慮の事故で亡くなっり今は母親1人で息子二人を育てている。
 その番、自分がどれだけ飲んだかは分からないけど、会計は4500円だった。内訳はチャージが500円、チャームが500円、その店の人に飲んでもらったのと、自分が飲んで歌った分が3500円だったのではないかなと思う。
カラオケは昼間のカラオケスナックとは違い、一曲がたぶん200円ではないかと思う。飲んでカラオケを歌うと、若い頃には飲めば飲むほど声が出たのが、年を取れば妙に音痴になってきたのには驚いた。それに、その店のカラオケの設定は音が少し硬いように感じた。まあカラオケがメインではないから、それでもいいのだと思う。
 タクシーで帰り、ローかに上がりスリッパを探していたら、靴下ではなくてストッキングをはいていたのでローかで滑り、横に滑りこけて、横の頭まで打った。それ程けがはしなかったけど、今も頭に触ると痛い。かなり足を取られていたのかも知れない。まあ、飲みに行くのもたまにはいいかなと思う。
 その番、家人は高知市内の方で会議があり、懇親会で皆が飲めば泊まりになると言っていたけど、家に帰るとすでに帰っていた。
昨日は天気はまあまあだったけど、洗濯をして、義母の所に行っただけで、ほとんど何もせずだらだらと過ごしたし、夕飯も冷蔵庫にあるものを引っ張り出して何とかすませた。
今日も義母の所に行って様子をみなければならない。
そうそう、土曜日には娘の方の孫が来ていて、一年生になったので本を読んでもらうと、一月前に来ていたときより、ものすごくすらすらと読めるようになっていた。それも読んだことのない本をつまりもせずに読んでくれたのには驚いた。
■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    


▼2019年 6月11日 (Tue)   -- 投稿日:2019/ 6/11 14:25:42(火)    ... No.[15]

宝の持ち腐ればかりに・・・・。
 昨日は霧雨が降ったりしてすっきりしないお天気だったけど、今日はとても気持ちのよいお天気になった。
最近何かとばたばたして庭と道路との間の草引きを怠っていたら、萱の株などが生えていて引くのに苦労した。萱などは手でそのまま引くことができず、手袋をしたりはさみを使ったりしてかなり時間がかかった。やはり、定期的に処分しなければならないと反省した。
草引きは嫌いではないけど、取りかかるのに気合がいる。引いてしまえば気持ちがいいのだけど、ついついまあまあになってしまうことがあったりする。
 それから今日は、もう長い間使ったことがなかったコンポに電源を入れてみた。最初は、その電源があるところさえ忘れていた。本当にもう何年くらい使っていなかったのだろうか?
機能はCDとCDRがかかるところとMDがかかるようになっている。後はそこそこのスピーカーとパワーアンプがついている。
かけてみると、CDのところは音飛びしてだめだったけど、CDRとMDをかけるところはまだまだ上等だった。そのコンポはCDのダビングができるから気に入って買ったのだけど、キーボードと同じで買った時にはさいさい聴いていたけど、それもすぐに飽きてしまった。それと、なかなか機械の前に座ってずっと聴くという時間も取りにくい。
最近は、いろいろな物が宝の持ち腐れになってしまっていて、本当にもったいないなと思う。特に楽器関係で、ピアノを始め、マンドリンからウッドベースにいたるまで今は何も使っていない。いるとしたら、家人が時々ギターを弾くくらいだろうか。
家人に聴くと、自分が高校の時に買ったギターもネックも全く反っていなくて、「弾きたいのならいつでも弦を張ってやるぞ」と言うけど、今はそんな気にもなれない。幼馴染と「またギターでも弾こうよ」と言ってはいるのだけど、お互い時間が合わないし、もう何年も前から言うばっかりになっている。





■下関の村岡です。

    本日の前半に書かれた事は私の、最も苦手とする庭関係や植物に関係の事ですね。子供の頃から余り感心も無く、とは言いながらもちょいと畑や鉢植えなど扱ってみるのも良いかなと思う事は有るのですね。子育ての頃には子供達がいくらかの事を学びながら家内と扱ってましたが。それにそのような事をなさる方が楽しそうに私みたいな素人に話される時には、私も楽しく聞けるのです。人はとかく自分に興味の無い話題は聴こうとしませんが私は楽しまれている人の話題は何でも聞けますが、だからと言って自分も始めてみようと言う気持にはなれません。人の話が聞ける間はまだまだ自分は大丈夫だなと思う事にしてます。
    さて、今回はオーディオ関係や楽器に関する話題でしたが。基本的には以前色々と御交流頂いていた頃に話題にされていた事でしたので覚えていましたけど。ただ、私などとは違い本当に御多忙な日々を過ごされてますものね。そのような中今回のように書かれますととても楽しく読ませて頂けます。来月78歳になろうかと言う私ですが実際にはもう実現出来無いのが現状ですがやはり気分は変らず、グランドピアノやウッドベースが欲しいといつも思ってますものね。
    どのようになろうとも人生の思いとしての夢は棄てたく無いものと思いながらの二十歳前後からの思いを諦める事無く現在迄過ごしてます。
    お互いに生きている限り元気で有りたいものです、ご自愛頂きますように。
..2019/ 6/11 16:42:25(火)  (16)

■アウリン 下関市の村岡さん、こんばんは。
私は草花は好きで鉢をたくさん置いて育てていた時もありましたが、今はかなり減らしています。
そうですね、楽器などの話題は以前いろいろとやり取りさせていただきましたね。私が最初、買ってもらったのは、真空管のエレクトーンでした。まあ、あの頃はかなり良い音がしたなと想いました。結婚するときには持って来ませんでしたが、後で家人が取りに行きました。それも今は母屋の納屋で置き去りにしています。
村岡さんのしゃべりや懐かしい演奏聴かせていたたきましたよ。私は、どうしてしゃべりの中で「あーとか、エー」とか言わないのかなと思っていたら、その謎がMLだった楽器を楽しむという時間を取らなくなりました。その代わり枕元で聴ける音訳図書はよく聴いています。
時間が取れないのは近くに孫がいますから、時々呼ばれて行ったりもしているんです。
昨晩、某MLで視覚障害者に漢字を説明するというサイトがあり、ちらっと聴いてみました。今回は「鍼灸」という字でした。なかなか上手に説明しているなと想いました。
私もその字は知っていますが、言葉で説明するのはなかなか難しいものです。
たぶん、鍼灸をしている人の中にも、漢字の書き方は知らないで書いている人が多いのではないかなと想います。
パソコンでは出てきますが、鍼という漢字は常用漢字ではないですから見えている人でも知らない方がいるのではないかと想います。
パソコンの進歩はすばらしいですし、私たちには本当に助かりますね。

..2019/ 6/11 18:53:55(火)  (17)

■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    


▼2019年 6月 6日 (Thu)   -- 投稿日:2019/ 6/ 6 20:33:04(木)    ... No.[12]

雑学的なこと・・・・。
 今日はまるで真夏を思わせるほど暑かった。
冷え性の自分でも、敷布団のパットを夏物に変えたり、小さなコタツを自分の部屋に出していたのを夏物のテーブルや椅子に換えたりした。
この時期や盆前になると、昔は家で布団の綿を包んでいた布などを取って洗っていたけど、今はその布は取れないからせいぜいシーツを洗うことしかできないし、毛布などは毎年洗いたいからコインランドリーは助かる。
家の洗濯機では薄い毛布くらいしか洗えないから、コインランドリーに行くことになる。最近は田舎でもコインランドリーがあちこちにできているけど、家人はそんな所に連れて行ってくれる人ではないから、天気の良い日に嫁さんに行ってもらおうかなと思っている。
 それにしても昨日は、かなり忙しかった。午前中は高校に行き、昼からは違う学校、そして夜はヨガがあった。ヨガなどがある日には夕飯が9時頃になり、体には悪いなと思うけど、食べて行くと体が重いから、どうしても帰ってから食べることになる。まあ、こうして動けることがありがたいことでもある。
 さっきてれびの音声を聴いていたら、日本中では60万キロの水道管が通っているということには驚いた。しかも、それらが老朽化し水漏れをしているところがあり、全て直すとなれば10兆円もかかるらしい。その水道管は1965年から1970年にかけて作られたものが多いらしくて、自然と老朽かも同じようにやってくる。
高度成長期だった頃、やたらと箱物を作り、バブルが崩壊するとその管理費に苦労したり、官僚のあま下り先になっていることも多かったけど、今はそれらも徐々に撤去されているのではないかと思う。そうしないと、管理費ばかりがかかり、名前だけの賃金どろぼうを養うことになる。
それと、最近はやたらと空き家が増え、ただで貸している家屋も多いとも聴いた。自分の住んでいる周りを見てみても、かなりの空き家があるし、その内、近い将来には我家も空き家になると思う。本宅は二世帯住宅用に建てられていて、部屋数は9部屋もある。家人の兄が他界するまでは二男たちが義母と一緒に住んでいたけど、二男が他界して数年立ってから兄嫁さんは実家に帰ったから、今住んでいる義母が他界すれば空き家になると言うことになる。
 自分はその家には住む気はないし、また理ホームをしなければとても住む気にはならない。これから何年生きるかは分からないけど、修理費が入らない団地に住む方がどれほどいいか分からない。今第一団地の方は建て替えが進んでいて、もう数年すれば自分たちが住んでいる第二団地の建て替えが始まる。この団地は見かけはまだまだ上等らしいけど、いかんせん耐震性がほとんどないらしいから、数年前から建て替えが始まっている。新しい家になれば少し刃家賃が上がるだろうけど、その時には家人も退職していて、収入に応じての家賃だから、今とそれ程違わないのではないかなと思っている。






■下関の村岡です。    布団の縫い替えの話題で私が思い出すのは、盲学校在学中の時は1950年から1955年迄は、1学期終る語とにその休みの時、寮から持ち帰った布団を土間に茣蓙などを敷いて必ず座敷には上げず、縫い変えて新しくして呉れたのは、今から思えば本当に凄い事だったと思うのです。
  それは、あの頃迄、蚤が多かったからで、昨晩迄寝ていたまだ新しく見えるふわふわの布団が土間に置かれているのを見ると子供心になんだか動物に対して思うような「かわいそう」と言う感じを持ったのを覚えてます。それでも1955年の夏休みの頃からは、衛生的にも可也良くなり、蚤などが布団に付いているような事は殆ど無くなりましてね。夏休みであの暑いさなかでしたが1年に1度と言うようになりました。
  あの頃の布団は完全な木綿綿でして、数が増えるのは困るので、敷布団も掛け布団も普通より綿を沢山いれて普通の1.5倍くらいにして貰ってました。
  三つ子の魂、百迄とか。私は今でも布団は分厚いのが好きなのですがあの頃のような完全木綿綿の布団は無いですね。干した時の匂いが全く違いますものね。
    今の時代物質的にも心の問題も1970年代頃からの急速な高度成長と言う事で、新しく発明されての物が我々の生活に届くようになり、人の考えも私などが二十歳前後頃迄のように「未来はどうやって食べて生きて行けるか」と、言うように未来への希望より「何とかなるだろうか」と言うような不安みたいな気持になるような事はここ50年来の若い皆さんには切実とした思いが無いのだろうなと想像しますね。
  そのような時代でしたが私などは決して気を緩める事もならずどうしても子供達の育て方にいくらか時代錯誤的と隣人から言われるような方法しか出来ませんでしたね。でもまあまあなんとか世間では「関東で普通にやって行くのは簡単では無い」なあぁんて昔から言われる割には、まあまあ良い出会いを頂いて3人とも普通に過ごしているようなので私もまあまあご存知のように太平楽とも言える現在が有ると思うのですね。
  これからも平和で便利な時代が続きますようにと祈るしか出来無い私なのですよ。日々御多忙な■アウリンさんも、ご自愛頂きますように。
..2019/ 6/ 8 17:36:06(土)  (13)

■アウリン 下関市の村岡さん、いつもコメントをありがとうございます。
「のみ」ですか、懐かしいですね。私も小さい時に肌着などの縫い目にたかっていたのを、母が取って潰してくれたことがあります。
昔の敷布団は、本当にもめんで重かったですね。今は、昔からの本当の木綿の布団はないのではないかと想います。今は、軽くて暖かいというのがうたい文句になっていますものね。
 私は結婚して42年になりますが、当時は当たり前ですけど先のことは考えたりもしませんでしたし、「三つ子の魂百まで」ということもあまり考えて子育てはしてこなかったように想います。けど、自分の出来ることは精一杯してきたなという気持ちはあります。それを子どもたちがどこまで分かってくれているかは分かりませんが、少なくても見えなくなってからの私のしてきたことは見てくれ感じてくれていると想います。
これからどんな暮らしが待っているかは分かりませんけど、穏やかでありますようにと願うばかりです。

..2019/ 6/ 9 12:40:34(日)  (14)

■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    


▼2019年 6月 4日 (Tue)   -- 投稿日:2019/ 6/ 4 13:51:56(火)    ... No.[7]

またまた悲惨な事件・・・・。
昨日今日とはすっきりしないお天気で、梅雨に入ったのではないかと思うくらいだった。
昨日から今日にかけてまた悲惨な事件のことで、ワイド番組をにぎやかしている。その事件と言うのは、元トップ官僚まで上り詰めた父親が、わが子を刺し殺してしまったと言うもので、本当にこのようなニュースを聴かない日がなくなったなと思うくらいになったなと思う。
 どんな理由があれど、人を手にかけてはどうしようもない。そうする前に相談するところがあるのではないかと思った。例えば警察に相談するとか、精神科に相談してみるとか、、、、。殺す前に取るべき手段はあったと思う。
 ここにも何回も書いたけど、人の一生の基礎は小学生高等部までに出来上がるといわれていて、特に幼児期の家族のしつけというか、接し方がかなりのウエイトをしめてくると思う。
成人すれば、その上に人格が育ち、人としての生き方が決まるのではないかと思う。
人格と言うのは、現に頭が良いと言うのではなくて、相手との関係性、自分の立場、相手の気持ち、その場の雰囲気、、、、などをきちんと理解ができ、それなりの対処ができることだと思う。
世間で言われる「常識」は、大勢の人がやっている、あるいは言っていることをさしているのだろうけど、それが正しかろうが、またその反対でも、それらに従っておく方が無難という場合もあったりする。まあ大勢の人がやっているから、言っているからということばかりを気にしていたら、その人の世間で言われる「個性」というものは分かりにくくなる場合もあるけど、争いを避けたいと思えば、自分をあまり強調しない方が良いのかも知れない。
けど、それではつまらない人生になってしまうから、その辺りのさじ加減ができるのが真の大人ではないかなと思う。



■ごんパパ今日は。
高齢ドライバーの事故か殺人事件の報道が多いですね。
 今回の父親による息子の殺害について、他人様に危害を加える危険を感じ取ったのでしょうか。
同情する部分もあります。
..2019/ 6/ 4 15:54:47(火)  (8)

■アウリン ごんパパさん、こんばんは。
そうですね、今回の事件は人様に被害があってはならないと思ってのことかも知れませんね。どちらにしても、順番が違うと想います。
高齢者の自己も多いように想いますね。事故は起こっていると想いますが、高齢者でない人の死亡事故でなければ報道されないのかも知れませんね。
今は、どこにいても安全ということはないのでしょう。それにしても、親子で殺したり殺されたりするのですから、もうどう書いていいか分かりません。

..2019/ 6/ 4 19:13:06(火)  (9)

■下関市の村岡です。
    連日の殺人やそれに類する人を刃物で挿すと言う事は既に「殺意」有ればこそだと言えると思うのですね。
  特に今回の公務員さんのような場合は夫々の家庭に色々な事は有るとは言うもののやはり子供さんを育てる過程で我々の時代ではまだちゃんとした人格形成が未成熟な時から、塾やその他エリート主義と言えるような雰囲気になって来たここ50年来ですものね。
  あのような家庭内の事なんて、私などから考えれば「エリート」と言えるような立場の方は家庭内の事を他人へ相談するなんて事は余程の信頼関係が有るような場合しか、他人へ相談する事は出来無かった筈ですね。
  運悪く今回は「川崎での殺人事件」が有っただけにもう、どうにもならない事を察してのこれ迄の経緯から追い詰められてのしっかりした意識の元に実行したと言う事のようですね。
  とかく親は自分の思うようにならない子供に対する苛立ちを持つ人は近年本当に多いようで、現在みたいな時代で無くても、私の家は学問、学歴とは遥かに縁遠い家庭でしたがそれでも、未成年の時の私の親は私を育てて呉れた事はそれなりだったですが、成人してからの私の社会的立場の弱さに私の人格知識を認める事がどうしても出来無いままに、2012年に93歳であの世へ旅立ちましたね。
    さて、 4日10時51分に書いて頂いた内容は、以前の懐かしい話題を交わした事も思い出しながら読みました。
  私のページを最近もアクセス頂いたそうで有り難うございます。合いも変らずの事でやってます。
  以前あれこれ話題に花咲かせていた頃に今回も書かれたキーボードを求められたのだったと思います。
  ここ20年来のシンセサイザーキーボードは本当に良くなっているようですが、私はもう買い求める許可は出ません。
  今有る物で楽しめるだけ良しとしなければなりませんよね。
..2019/ 6/ 5 09:53:14(水)  (10)

■アウリン 下関市の村岡さん、こんにちは。
子どもの育て方のことは、以前何回もやり取りさせてもらいましたから、村岡さんの考え方は承知しているつもりです。やはり、私たちには分からないプライドがあったのでしょうね。
私は自分の子育てはどうだったろうかなと思い出してみても、これは死ぬまで結果は出ないです。いつ何をしでかすか、またいつ「まさか」ということが起きるのか想像がつかないからです。今はおかげさまで何とか平凡に暮らしていますが、一つ歯車が狂うかも知れないですものね。
 キーボードは買った時にはあれこれと触って楽しんだりもしましたが、それもすぐに飽きてしまい、今は飾りになっています。機能が多すぎて何が何だか分からないです。それにあまり興味もなくなりました。
その一つが、楽器の仕組みが基本的に分かっていないからだと想います。
..2019/ 6/ 5 10:22:53(水)  (11)

■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    


▼2019年 6月 1日 (Sat)   -- 投稿日:2019/ 6/ 1 17:53:04(土)    ... No.[1]

変なアレンジだと・・・。
 時の経つのは本当に早い。
令和になって早くも一ヶ月が過ぎた。先月は入院したり、学校がさいさいあったりして、ばたばたの間に過ぎてしまった。
やはり、入院中に外出をもらって二回ほど学校に行った時には、かなりしんどかった。それでも、穴を空けないで行けたことは本当に良かったなと思う。今月は中間試験があるらしくて、学校の方の予定はまだはっきりしていない。
 今日は義母も入院しているから、久し振りにカラオケ喫茶に行ってきた。平成で一番多く歌われた曲が「ハナミズキ」らしくて、それを練習して行ったら、カラオケのアレンジが違っていて、とても歌いにくかった。
同じ歌でも店が入れているメーカーによって、カラオケの雰囲気ががらりと違う。自分が行っているカラオケ喫茶はスピーカーなどの外部機械はまずまずの物を使っているなと思うけど、いかんせん、レンタルしている通信カラオケのメーカーがいけない。と言うのは、やはりレンタル料金が関係していて、オリジナルに近いカラオケの機械に比べて2万から3万ほど安い。
高齢者が多いからそのことには気がついていないかも知れないけど、自分のように画面が見えずカラオケだけが頼りの者は、変にアレンジしていると本当に歌いにくい。
だったら歌いやすい店に行けばいいだろうと言うことになるけど、それがまた遠くて、そう簡単には行くことができないから、近場の店で我慢するしかない。



■ごんパパおはようございます。

先月末はかかりつけ病院に通院でした。
前回の血液検査の結果をもらいましたが、コレステロール・血糖値と正常でした。
障害者のPC教室の仲間と「カラオケに行こう」とメールしていますが、返事が来ません。
..2019/ 6/ 2 05:01:34(日)  (2)

■下関市の村岡です。
    やはり趣味の話題は良いものですね。
  僕もカラオケ喫茶やカラオケボックスにも何度か行った事が有ります。
  それは来訪した人がそのような事が特に好きでお付き合いで行ったのでした。
  私の所の近所に有った所も、電子音での実に音が面白く無いカラオケでした。
  やはり出来れば私などは本職が唄っているそのままの伴奏カラオケが好きですね。
  まだ「カラオケ」なんて普及して無い頃の1970年代前半頃迄によく私が思ったのは、本職の歌い手の伴奏がそのまま手に入ると良いのにと思ったものでした。
  この頃ではCDでの、歌い手さんの後に、カラオケだけが付いていると言うのが結構増えているようですね。
  僕などは唄える唄が無いですが、それでも自分で伴奏を作ったり、弾き語りするなどして遊んでます。
  出かけて行った所で人と会うのが楽しみと言うのでしたら別として、■アウリンさんが単に思うように唄いたいと思われるような場合でしたら私の所に来て頂けるとそこそこに楽しんで頂けるとよくこのような話題の時に思うのですが。
  私の所では私と遊ぼうなんて言って呉れる様な人に出会ってません。
..2019/ 6/ 2 06:45:10(日)  (3)

■アウリン ごんパパさん、おはようございます。
血液検査が正常値で良かったですね。それ程太ってなくて、甘いものなどをあまり食べなければそこそこは大丈夫だと想います。
私は体質的にインスリンの出が悪いのか、少し油断すれば血糖値が上がります。私より何倍も食べている夫はいつも正常値ですから、遺伝因子があるのだと想います。父の兄弟は皆糖尿病でしたからね。
 カラオケは、ぜひお薦めしますよ。喉の筋肉の運動にもなりますし、声を出すということは、とても体に良いと想います。それに、誤嚥のリスクも下がると言われています。やはり、自分たちがずっと聴いてきた歌が親しみやすいですね。
..2019/ 6/ 2 09:23:49(日)  (4)

■下関市の村岡です。    いやあぁ、私はやはり文章書きは苦手ですね。
  上の内容で■アウリンさんが私の所に来て下さればとだけ書いて肝心の事を書き忘れているのですね。
  それは、私の身近には■アウリンさんのような方がおいでにならないし私の所に遊びに来るような人には出会え無いのですよと言う思いを書きたかったのでした。
..2019/ 6/ 3 11:54:40(月)  (5)

■アウリン下関市の村岡さん、こんにちは。
コメントを読み過ごしていてすみませんでした。
そうですね、私もできるなら歌手が歌っているのと同じカラオケで歌いたいなと想いますが、店によって変なアレンジの物があり、本当に歌いにくいです。
 先日、村岡さんのページをアクセスして4曲ほど弾いているのを聴かせてもらいました。私も数年前にキーボードを買い換えましたが、最近は全く手つかず状態でもったいないことです。と言うのは、その楽器の使い方がよく分からないんです。いろいろと試してみれば分かってくると想いますが、今はその気になっていません。その内、孫の所に行ってしまうかも知れないです(笑い)。
 以前、「一度お会いしたいですね」と話したことがありましたね。今もその気持ちは変わっていませんが、同じ国に住んでいながら、やはり少し遠いですよね。せめて松山辺りに住んでいたら、村岡さんにもごんパパさんにもお会いすることができたのではないかなと想います。ごんパパさんには宿毛差益フェリーで会いに行こうかと思っていたことがありましたが、今はその船がなくなりましたので残念です。


..2019/ 6/ 4 10:51:57(火)  (6)

■名前        ■文字色     ■パスワード 
■コメント    





tackynotesp Ver0.79 Tacky'sRoom